喪主が長女でも大丈夫でしょうか?

スポンサーリンク

 

喪主がご長女様でもなんの問題もありません。

 

 

家族葬でも一般葬でもご長女様が喪主である場合も当然ございます。

谷塚斎場の場合を例にまとめました。

 

ご長男が喪主

長男が跡取り、長男が一番、など日本の昔ながらの考え方って、いまだに根強いのです。

 

この考え方が根底にあるから、長男が喪主でなくて喪主が長女?というふうに疑問符がついてしまう人々がいるのです。

 

ご長女が喪主

しかし、今の現代社会においては、ご長女が喪主?という疑問符を付けずに考える人々も増えてきています。

 

ご長女様が喪主をつとめる事になんの問題もありません。

 

たとえば、ご長男よりもご長女の方が年齢が上の場合、ご長女が喪主の場合も普通にあります。

 

たとえば、ご長女よりもご長男の方が年上であっても、事情があればご長女が喪主でもかまわないのです。

 

現代社会の喪主

現代社会においては、男女平等があたりまえです。

 

喪主においても、男女平等です。

 

喪主は、近い身内の人間であれば男女関係ありません。

 

スポンサーリンク