喪主はどのように決める?

スポンサーリンク

 

喪主はどのように決めるのがいいのでしょうか?

 

 

谷塚斎場の葬儀や家族葬を例に喪主の決め方をご説明致します。

 

配偶者か長男が圧倒的

喪主で一番多いのは、配偶者が長男です。

 

これは谷塚斎場に限らす、どこの葬儀場でも地域でもそうでしょう。

 

いろいろ家族の事情がある場合もあるので、長男ではなく次男であったり三男であったり・・・

長女が喪主をつとめる場合もあります。

 

特別な理由がないかぎり、配偶者か子供ですね。

 

考えたくない話ではありますが、お子さんが亡くなった場合はお父さんですね。

 

喪主の優先順位は・・・

喪主の優先順位はどうでしょう・・・

 

妻がなくなれば、ほぼ100%夫が喪主です。

 

夫がなくなれば、妻か長男ですね。

妻の性格にもよりますね。

 

人前になかなか出るのが苦手な奥さんであれば、子供さんが喪主をする場合も多いです。

 

喪主をしたくても高齢でできない場合もあります。

その場合は子供になります。

 

優先順位は長男からです。

 

喪主の決め方 まとめ

喪主の決め方

 

故人からみて

夫 → 妻 → 子供(長男が多い) → 孫または兄弟

 

これは必ずしもというわけではありません。

 

あくまでもこの順番で決まる事が多いということです。

 

スポンサーリンク