挨拶は普通の葬儀と異なる?

スポンサーリンク

 

家族葬の場合、喪主の挨拶は普通の葬儀の場合と異なるのでしょうか?

 

 

家族葬の挨拶についてまとめました。

 

挨拶は家族葬でも普通の葬儀でも同じ

家族葬でも普通の葬儀でも喪主の挨拶は同じです。

 

ご出棺前の遺族・親族を代表しての挨拶。

 

収骨が終わり、食事(精進落とし)前の挨拶。

 

これらの挨拶は、家族葬でも一般葬儀でも同様です。

 

挨拶を省略する場合もある?

普通の一般葬の場合は、一般の弔問客もいらっしゃるので、挨拶を省略することはありません。

 

しかし、家族葬の場合は、挨拶を省略する場合があります。

 

本当に家族だけの場合

家族葬とはいっても、大体の場合、親族なども集まるので20名くらいは親戚が参列します。

 

ですので喪主の挨拶は行われます。

 

しかし、本当に家族3人で行う家族葬の場合もあります。

 

この場合は、家族だけなので、かしこまって挨拶する必要がありませんので省略する場合が多いです。

 

親族の了承を得た場合

親族が20めいほど集まった家族葬の場合でも、挨拶を省略する場合があります。

 

遺族・親族ともにお近いかたばかりで、気の知れた方々ばかりの場合に、みなさんの了承を得て挨拶を省略する場合があります。

 

スポンサーリンク