お悔やみの言葉のマナー!なんて言う?

スポンサーリンク

 

葬儀や家族葬に参列した時に言うお悔やみの言葉、なんて言えばいいの?

 

 

谷塚斎場の家族葬や一般の葬儀を例に、説明いたします。

 

お悔やみの言葉は変わらない

家族葬であろうと一般の葬儀であろうと、お悔やみの言葉に変わりはありません。

 

どんな葬儀でもお悔やみの言葉は変わらない、という事ですね。

 

谷塚斎場であろうと、その他の葬儀場でも、同様です。

 

この度はご愁傷様でございます。

「この度はご愁傷様でございます。」

 

これが最もスダンダードなお悔やみの言葉です。

 

この後に、

 

「心からご冥福をお祈りいたします。」

 

と続けるとより丁寧となります。

 

この言葉ですが、すごく親しい人にかける言葉としては、あまりむいていません。

 

仰々しすぎて、変な空気になってしいます。

 

親しい人へのお悔やみの言葉

親しい人へ、お悔やみの言葉を述べる場合・・・

 

どんな言葉がよいでしょう。

 

ご愁傷様・・・なんて軽く言えませんし、

ご愁傷さまでございます・・・は、かしこまりすぎ。

 

そんな時には、こんな言葉をかけるとよいかもしれません。

 

「すごく悲しいし残念です。」

「手伝える事があったら遠慮なく言ってね。」

 

相手の気持ちに寄り添い、全力でサポートする気持ちを伝えましょう。

 

「頑張って」という言葉は、少し無責任な感じがするので、控えた方が良いかもしれません。

 

 

スポンサーリンク