受付のお礼は?

スポンサーリンク

 

受付のお礼は、何をすればよいのでしょうか?

 

 

受付のお礼にも何パターンかあります。

 

たとえば谷塚斎場で家族葬や一般の葬儀を行った場合の受付を例にみていきましょう。

 

家族葬の受付のお礼

たとえば谷塚斎場で家族葬を行った場合に、友人に受付を頼んだ場合をみてみましょう。

 

家族葬の場合は、人数もそんなにいないので、受付を依頼するといっても数人でしょう。

 

たとえば3名の方に家族葬の受付を頼んだとしましょう。

 

その場合は、心付けとして、包むのがよいでしょう。

 

受付が終わった後はお食事などもふるまう訳ですから、金額は3000円でも問題ありません。

 

多く包んだとしても5000円でしょう。

 

一般の葬儀の受付のお礼

一般の葬儀の受付の場合は、どうでしょうか?

 

一般の葬儀の場合、参列者も多いので受付の人数も多くなります。

 

また誘導などのお手伝いも発生して、手伝いの人数が10名以上なんて事もよくあります。

 

その場合は、1人ずつ3000円から5000円を包むのも大変です。

 

ですから、代表の方に3万円くらい渡して、みなさんで食事してください、というお礼でもよいでしょう。

 

スポンサーリンク