葬式は亡くなってから何日後?

スポンサーリンク

 

葬式は亡くなってから何日後に行うものなのでしょうか?

 

 

それはケースバイケースであり、日程はそれぞれのご家族によります。

 

たとえば谷塚斎場で家族葬を行う場合を例に、みていきましょう。

 

お身内が亡くなって・・・

お身内が亡くなると、まずはご遺体を搬送しなければなりません。

 

ご自宅あるいは安置所などがあります。

 

ご遺体をご安置したあと、葬儀社との打合せとなります。

 

葬儀場の希望場所

葬儀場の希望場所を葬儀社にお伝えします。、

 

谷塚斎場で家族葬が希望であれば、そのように葬儀社に伝えます。

 

すると葬儀社の担当者が谷塚斎場の空き状況を確認してくれます。

 

当然ですが空いている日程でしか葬式は取りおこなえません。

 

また、地域によっては、友引の前日はお通夜が、友引の日は火葬ができない場合もあります。

 

宗教者のスケジュール

たとえば葬儀場が空いていても、宗教者のスケジュールがあわない場合があります。

 

菩提寺がある檀家さんであれば、お寺の都合に合わさねばなりません。

 

ご遺族のスケジュール

葬儀場の空き日程と、ご遺族のスケジュールも合わさねばなりません。

 

お仕事上、どうしてもNGに日程もあるかと思います。

 

葬式は亡くなってから何日後 まとめ

葬式は亡くなってから何日後をまとめると・・・・

 

葬儀場の空き日程

宗教者のスケジュール

ご遺族のスケジュール

 

これらをすべて合わせて葬式の日程が決定します。

 

スポンサーリンク