喪主の決め方!すぐにわかる!

スポンサーリンク

 

喪主の決め方とはどうすればよいのでしょうか?

 

 

谷塚斎場の家族葬や一般葬を例に喪主の決め方がすぐにわかるように、まとめてみました。

 

喪主は故人に近い方

当然と言えば当然ですが、喪主は故人になるべく近い方が行うのが一般的です。

 

故人の配偶者

妻が亡くなった場合は、ほとんどの場合、夫が喪主をつとめるでしょう。

 

夫が亡くなった場合は、妻が喪主をつとめる場合も多いですが、長男など子供の場合もありますね。

 

故人の子供

故人の子供が喪主を行う場合も多いですね。

 

故人の配偶者がすでに他界している場合は、ほぼ子供が喪主をつとめます。

 

長男が多いですが、長男がいない場合は、次男や長女でもかまいません。

 

配偶者も子供もいない場合

配偶者も子供もいない場合は、故人の兄弟やご両親が喪主をつとめる事になります。

 

故人の兄弟や、ご両親もすでに他界している場合は、なるべく近い親族が喪主になることになります。

 

喪主の決め方 まとめ

喪主は、ほとんどの場合、故人の配偶者か子供です。

 

配偶者も子供もいないのであれば、兄弟または両親、その他となるべく近い親族となります。

 

喪主は必ずしも配偶者や子供と決まっているわけではありません。

 

スポンサーリンク