喪主のあいさつはいつ?何回するの?

スポンサーリンク

 

喪主のあいさつはいつ?そして何回するのでしょうか?

 

 

谷塚斎場の家族葬や一般葬を例にまとめてみました。

 

喪主のあいさつはいつ?タイミングは?

喪主のあいさつは、どんなタイミングでいつするのでしょうか?

 

谷塚斎場での一般的な喪主のあいさつを見てみると・・・

 

1回目:ご出棺前のあいさつ

2回目:精進落とし(食事)の前のあいさつ

 

の合計2回ですね。

 

ご出棺前のあいさつ

ご出棺前のあいさつという事は、告別式が終わった後ですね。

 

告別式の日の流れを確認してみましょう。

 

●告別式の開式~閉式
●お別れの儀
◎出棺前のご挨拶
●出棺

 

告別式が開式して、45分くらいで閉式となります。

その後、お別れの儀の準備から終了までが20分くらいです。

お別れの儀が終了したら、喪主の出棺前の挨拶となります。

 

精進落とし(食事)前のあいさつ

精進落とし、つまり食事の前のあいさつですね。

 

食事のタイミングはというと、告別式の日のご収骨のあとですね。

 

告別式の流れをみてみましょう。

 

●告別式の開式~閉式
●お別れの儀
●出棺前のご挨拶
●出棺
●火葬炉へお見送り
●火葬中
●収骨
◎食事前のご挨拶
●精進落とし(食事)

 

本当に最後の最後です。

 

ご収骨も無事に終わり、精進落としのお食事で最後となります。

 

そのお食事前にあいさつをします。

 

お通夜はあいさつしないの?

お通夜のあいさつはありません。

 

場合によっては、喪主がお清めの食事の後に、挨拶をする場合もありますが・・・

 

ほとんどの場合で、谷塚斎場では、お通夜に喪主は挨拶をしません。

 

スポンサーリンク