告別式と火葬は同じ日なの?

スポンサーリンク

告別式と火葬は同じ日なの?

告別式と火葬の日は同じ場合が多いです。

 

 

谷塚斎場の家族葬を例に、告別式と火葬についてみていきましょう。

 

告別式と火葬の日は同じ

谷塚斎場におきましては、告別式と火葬の日は同じです。

東京や関東近郊では、この形式が多いようです。

 

地域によっては、告別式よりも事前に火葬する事もあるようです。

 

葬儀や家族葬のながれ

谷塚斎場の一般の葬儀や家族葬のながれを以下に説明します。

 

1日目:お通夜

2日目:告別式~お別れの儀~出棺~火葬~収骨

 

告別式が終わり、故人とお別れの儀を執り行います。

お棺にお花や遺品を納めていただき、最後のご対面でお別れをしていただきます。

その後、火葬炉へ向けて出棺します。

火葬後にご収骨となります。

 

つまりは告別式と火葬が同じ日に行われていますね。

 

お通夜を省略するのは一日葬

一日目のお通夜を省略して二日目の告別式のみを行うのが・・・

一日葬です。

 

ですので、一日葬の流れは以下のようになるのです。

1日目:告別式~お別れの儀~出棺~火葬~収骨

 

一日葬でも、告別式と火葬の日は同じ日ですね。

 

告別式と火葬は同じ日

慣れない葬儀です。

お通夜や告別式のながれを聞いてもピンと来ない方も多いでしょう。

 

しかし、なんとなくおわかりいただけたかと思います。

 

最後に・・葬儀で絶対にやってほしいこと

葬儀で絶対にやってほしい事があります。

葬儀のながれも大事ですが・・・

 

これもかなり大事な事です。

 

葬儀や家族葬、絶対に事前の準備を行ってください。

葬儀や家族葬をご検討の方・・・

絶対に事前の準備をしてください。

 

事前の準備を行えば、葬儀費用がべらぼうに安くなります。

安くなった費用で、他の大事な事にお金がまわせます。

 

絶対に事前準備を怠らないでください。

 

事前準備で格安葬儀社

 

事前準備をある方法で行えば、誰でも格安葬儀社を見つけられるのです。

 

もし、普通に葬儀社を選んだら・・・

高額な葬儀社に依頼する事になり、高額な葬儀費用となるでしょう。

なぜそうなるのか?

 

答えは簡単です。

葬儀は昔から高い行事、それは今も同じで高額の行事なのです。

 

なので格安の葬儀社を自分で見つけなければ高くなるのは当然の事なのです。

 

以下の方法を知ってしまえば、本当に簡単です。

→ぼったくり葬儀社に注意!格安葬儀社に依頼する方法!

 

時間がない場合

事前の準備をしたいのですが、どうしても時間がないという方も・・・

以下の葬儀社を参考にしてください。

 

私の知っている限り、一番安い葬儀社です。

→葬儀社が選ぶ最安値の葬儀社!

 

スポンサーリンク