足立区の知らないと損する自己負担0円で葬儀をする方法!

スポンサーリンク

足立区の知らないと損する自己負担0円で葬儀をする方法!

足立区民の方がよく利用する谷塚斎場。

谷塚斎場の家族葬を例に、自己負担0円で葬儀、についてみていきましょう。

 

自己負担0円って無料ってこと?

本当に無料なの?

どうせ一部だけ無料ってことでしょ?

って、みなさん普通は思いますよね

 

ですが、本当なのです。

 

完全に無料です

一部だけ無料とか、そういうことではありません。

本当に葬儀代が全部、無料になるのです。

 

ですが・・・やはり条件はあります。

 

条件があります

葬儀代が自己負担0円、つまり完全無料で葬儀ができる条件とは、故人が生活保護受給者である場合に限ります。

生活保護受給者がお亡くなりになった場合は、葬祭扶助として葬儀費用が支給されるのです。

 

生活保護受給者にも条件

生活保護受給者の場合でも、また条件があります。

生活保護受給者でも資産や貯蓄がある場合は、葬儀費用が支給されません。

葬儀費用をまかなえるだけの資産があるとみなされるからですね。

 

あとは、遺族や親族などの扶養義務者が、葬儀費用を準備できるみなされた場合も、葬祭扶助の葬儀費用は支給されなくなります。

 

判断は自治体による・・

生活保護受給者の場合に、葬祭扶助が適用されるかどうか判断するのは自治体になりますが、その判断基準は自治体によるようです。

 

生活保護受給者に別世帯の遺族や親族がいる場合、最低限の葬儀費用なら、払える人がほとんどのような気がしますが、経験上は、ほとんどの場合で生活保護受給者の葬儀であれば、葬祭扶助が支給されているように思います。

自治体によって判断基準は様々だと思われます。

 

生活保護受給者なら0円の可能性が高い

生活保護受給者であれば0円で葬儀ができる可能性が高いので、かならず確認しましょう。

 

葬祭扶助は最低限の葬儀

注意点としては、葬祭扶助の場合は、国民の税金が利用されるので、あくまでも最低限の葬儀というカタチになります。

 

最低限の葬儀の場合は、お通夜や告別式は行えず、火葬のみという形式になります。

 

葬祭扶助にプラスして

たとえば、葬祭扶助の支給金額にプラスして、普通の葬儀を希望する人もいますが、それはできません。

なぜかと言いますと、費用をプラスできるのであれば、最低限の火葬のみの費用を支払えるのではないかとみなされるからです。

 

葬祭扶助で利用されるのは国民の税金です。

本当にお金に困窮している場合に、最低限の費用だけ支給されるのです。

どうしても家族葬が行いたい場合は、葬祭扶助を辞退して、行いましょう。

 

どうしても家族葬をしてあげたい

 

どうしても家族葬をしてあげたい場合は、ぜひ、以下を参考にしてください。

低価格で有名で、全国でも多くの方が利用している葬儀の紹介サイトです。

 

ぜひ、ご確認ください。

→ぼったくり葬儀社に注意!格安葬儀社に依頼する方法!

 

谷塚斎場で家族葬なら

谷塚斎場で家族葬なら、本当に安い葬儀社があります。

最安値級の中でも一押しの葬儀社です。

→葬儀社が選ぶ最安値の葬儀社!

 

事前相談

事前相談を行えば、葬儀で後悔する可能性がほとんどなくなります。

 

無料相談フリーダイヤル

0120-81-9494

 

無料メール相談

→最初は無料のメール相談をご希望の方はコチラへ

 

スポンサーリンク